Sublime Mail

ニュース・情報源:2017-02-28

むらさんの輸出メルマガ

メールマガジン登録:

ドロップシッピング出荷の返品対応しました 【むらさんの輸出メルマガ】

こんばんは、むらさん@輸出班長です。

今日もメールをみてくれて、ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ このメールは、アマゾン輸出実践のむらさん@輸出班長がお送りするメルマガです。
輸出を中心にした物販や関連の情報を、お伝えしています。

このメルマガは無料レポートをご覧頂いた方や、ブログから登録された方にお届けしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★  自己紹介はこちら
http://hglblog.net/2016/09/17/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 今日のオススメ無料レポートです!

なんでこんな情報が無料なんでしょうね、本当に不思議です!

その1 バーコードがない、お店が隠してる商品もこれを使えば手入力なしで一発検索!これは便利です^^
     ↓↓↓    
http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=2121


その2 一時期大流行だったあの商品。このノウハウなら今でも月30万稼げるんです!
     ↓↓↓  
http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=2330&issuer_id=1260

あー自分もこれ1個持ってるけど、出品してなかった! ダメダメです・・・


★ 「ドロップシッピング出荷の返品対応しました」


昨日言ってた対応の続きです。


基本の返品対応は


返品要求(Return request)に対して、承認します(Authorize request)


次はアマゾンの返品システムを利用で(I want Amazon to generate a Return Merchandise Authorization number)


返品用発送伝票は(I would like Amazon to provide an un-paid mailing label)とします


このun paidラベルですが、購入者負担のようです。
商品の不具合やセラー側のミスの場合は、あとで送料を負担する措置が必要になるでしょう。



今回はUSアマゾンFBAからの出荷を使ったドロップシッピングだったので、

USアマゾンに返品依頼をしました、返品理由は購入者から連絡があった内容で「商品の不良」としました。
これで送料無料の返品伝票が出力されます、これをpdf出力して、購入者へデータを転送しました。


USアマゾンは手続きが完了次第、返品商品の返納を待たずに返金処理が開始されます。
購入者の立場だとなんて素敵システムなんでしょう!
販売側ではブルーな気分にさせるシステムですが・・・


あとは購入者からの発送連絡を待つか、適当なタイミングで購入者へ返金を行います。



今回は売上は全額返金、ただし仕入れもUSアマゾンから全額返金を受けたのでプラマイゼロ
くたびれただけって結末でしたが、経験値は上がりました!

今回、損したのはUSのFBAセラーさんです、開封されたうえFBA出荷手数料は返ってきません・・・
不良扱いなので再販不可になると思います。アマゾン本体が売ってればそっちを狙ったんですが・・・


こちら側はローリスクなんで今後もチャンスがあればチャレンジしていきます

今回のこれ、特にドロップシッピング自体にこだわりはなかったんですが
一番安く仕入れられるのはどこかという視点で探していればいろいろと利益を増やす工夫ができると思います!



それでは次回のメルマガでお会いしましょう!

むらさんでした^^


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ むらさんの輸出メルマガ

┃ 【発行責任者】 村西智宏

┃ 【ブログ】
┃  http://hglblog.net/

┃ 【メルマガバックナンバー】
┃ http://free.sublimemail.jp/back_number.php?id=320

┃ 【ご感想、ご意見、ご質問は、こちらまで】
┃ linlithgow49@gmail.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 メルマガ解除ご希望の方はこちら】
http://free.sublimemail.jp/unregist.php?id=320

記事履歴

メールマガジン登録: