Sublime Mail

ニュース・情報源:2017-02-28

むらさんの輸出メルマガ

メールマガジン登録:

国際小包にせまる! 《郵便シリーズ》  【むらさんの輸出メルマガ】

こんばんは、むらさん@輸出班長です。

今日もメールをみてくれて、ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ このメールは、アマゾン輸出実践のむらさん@輸出班長がお送りするメルマガです。
輸出を中心にした物販や関連の情報を、お伝えしています。

このメルマガは無料レポートをご覧頂いた方や、ブログから登録された方にお届けしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★  むらさんの自己紹介はこちら
http://hglblog.net/2016/09/17/profile/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 今日のオススメ無料レポートです!

輸出仲間の若旦那さんのちょー濃いレポートです!

読めぬっ!書けぬっ!!聞き取れぬっ!!!
英語の成績2のボンクラ若旦那でも6カ月で月商340万を簡単に叩き出した【アマゾン輸出解体新書】!!
登録が簡単にできる『神ツール』特別に伝授。
    ↓↓↓↓↓
http://mailzou.com/get.php?R=92809&M=35422

60ページにも及ぶボリューム!
いや、あのこんなのを無料で公開とか、みなどんだけ太っ腹やねん・・・


さらにもうひとつ!

稼げるシーズン到来!!日本中どこにでもあるアノお店で、超低資金&超高利益♪さらに、簡単仕入れのアノ〇〇で僕は毎年稼いでいます♪利益率70%以上は当たりまえ!!仕入れ値の51倍で販売した商品も大公開!!
      ↓↓↓
http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=2578&issuer_id=1314

言われてみれば身の回りにあって需要もある! とその通り、しかも高利益! 
こういう視点でまわりを見直すと取扱の視野が広がりますね! おすすめです!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★ 国際小包にせまる! 《郵便シリーズ》 


今日は郵便シリーズです。

日本郵便の「国際郵便料金表」、いつもここで送料を確認しています。
    ↓↓↓
https://www.post.japanpost.jp/int/download/charges.pdf


このページの冒頭に、サービス比較表があるんですが


2kg以上の選択肢は見ていただくとわかりますが、国際小包とEMSのみになります。
国際配送でよく出てくる小型包装物や国際eパケットはすべて2kgまでです。

そしてこの国際小包、使う頻度がとても低いんです。
国際小包は、航空便、SAL、船便に分かれていますが、航空便は料金、配送日数、保険とすべてにおいてEMSが完勝
SALはやや安いけど~、船便はなぁ・・・というところです。

ややとはいえ安いということで、SALを何度か使っていましたが、どうも他のサービスと違うところがわかってきました!


で、特徴をまとめてみました


1.書留は標準装備
2.保険は追加料金で可能 2万円まで400円、以降2万円ごとに50円
  EMSは2万円までが標準装備、以降2万円ごとに50円は同じ
3.EMSと違い北米と欧州の金額が同じ。あとアジア圏が安価。ここは国際小包が有利。
4.返送要件の指定が必要
  受取拒否や保管期限切れの際の対応で
   即時、あるいは返送までの期限を指定
  返送方法は
   経済的な方法、あるいは航空便を指定

  ここですが、まず返送費が発生する可能性があります!!
          ^^^^^^^^^^^^^^^^
  実はEMSは発送料に返送費が込みになっているんですが、国際小包はそうじゃないんです。
  (返送費の請求については、送り先の国によって変わるようです)

  次に、経済的な方法を指定した場合、船便が選択される可能性が高いです!
                   ^^^^^^^^^^^^^^

  ぶったまげて腰が抜けそうになりました(汗


  キャンセル対応などで、受取拒否してねとするケースがありますが
  それは返送費が無料が前提なので、国際小包だとこの前提が崩れます!

  そして、商品が戻ってきたら返金しますね、って対応も
  船便だと1ヶ月以上かかるかもしれません!!
  そして、アマゾンJPに返品を考えていても期限オーバーに
  さらにクレカ仕入れだと無在庫でも支払いが来てしまいかねません!

  全部、馴染みの国際マイスターの郵便局員さんに聞いて確認しました。
 
  これは物販の配送には耐えれん仕様だわ・・・



 ちょっと衝撃的な内容でしたが、どうにも国際小包は使えるシーンがかなーりレアなサービスということが分かってしまいました~


 でもでも、EMSにもサービス範囲外があって、そういうところで2kg以上だと国際小包しか選べないので
 仕組みは理解しておく必要がありますね 


 

それでは次回のメルマガでお会いしましょう!

むらさんでした^^


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ むらさんの輸出メルマガ

┃ 【発行責任者】 村西智宏

┃ 【ブログ】
┃  http://hglblog.net/

┃ 【メルマガバックナンバー】
┃ http://free.sublimemail.jp/back_number.php?id=320

┃ 【ご感想、ご意見、ご質問は、こちらまで】
┃ linlithgow49@gmail.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 メルマガ解除ご希望の方はこちら】
http://free.sublimemail.jp/unregist.php?id=320

記事履歴

メールマガジン登録: