Sublime Mail

ニュース・情報源:2017-02-28

むらさんの輸出メルマガ

メールマガジン登録:

せどらーさん向けかんたん輸出講座 その3【むらさんの輸出メルマガ】

こんばんは、むらさん@輸出班長です。

今日もメールをみてくれて、ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ このメールは、アマゾン輸出実践のむらさん@輸出班長がお送りするメルマガです。
輸出を中心にした物販や関連の情報を、お伝えしています。

このメルマガは無料レポートをご覧頂いた方や、ブログから登録された方にお届けしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★  むらさんの自己紹介はこちら
http://hglblog.net/2016/09/17/profile/

  メルマガバックナンバーはこちら
http://free.sublimemail.jp/back_number.php?id=320
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 今日のオススメ無料レポートです!  

利益確定なのに仕入れ時間ゼロ。
誰でも再現性100パーセント、今日から不労所得が発生する。
究極の電脳せどりを教えます。ストレートに利益が出ます
↓↓↓
http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=3064&issuer_id=1314

これ、いろいろと応用効きますね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ せどらーさん向けかんたん輸出講座 その3

その3です。


では米国アマゾン輸出を実行に移してみましょう。


これまでの前提は、手持ち在庫を米国と自己発送で併売する
程度の取り組みです。


ですので米国アマゾンでは小口契約でいきます。
小口の場合、売れるたびに0.99ドルの手数料がかかりますが
大口契約だと月に39.99ドル+消費税がかかりますので
今回の前提では小口にしておきます。


次に必要な準備ですが、米国アマゾンでは売上の受取には
米国の銀行口座が必要です。
やっかいなことと感じるかもしれませんが
米国の銀行口座を提供するサービスがありますので
そちらを利用します。


World First (ワールドファースト)
https://www.worldfirst.com/jp/online-sellers/

Payoneer(ペイオニア)
https://www.payoneer.com/ja/



あとは、手数料や返金などの場合の支払い方法として
クレジットカードが必要です。
これは普通のクレジットカードでOKです。


米国アマゾンのアカウント作成や細かい操作については

アマゾン海外販売戦略大全集
https://www.viral-manager.com/aff/188261/999/

こちらの無料の資料を参考にするといいと思います。



現在、米国アマゾン用のセラーセントラルも日本語表示されるようになり
国内販売されてる方なら操作にとまどいはないと思います。


輸出にがっつりと取り組むなら、それ用にリサーチをする必要がありますが
今回はまずは輸出を体験する、試してみるためのものです。
売り先に海外という選択肢を追加することで、ビジネスの取り組みに幅が
出てくるようになると思います。


駆け足でしたが、かんたん講座は以上です!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは次回のメルマガでお会いしましょう!

むらさんでした^^


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ むらさんの輸出メルマガ

┃ 【発行責任者】 村西智宏

┃ 【ブログ】
┃  http://hglblog.net/

┃ 【メルマガバックナンバー】
┃ http://free.sublimemail.jp/back_number.php?id=320

┃ 【ご感想、ご意見、ご質問は、こちらまで】
┃ linlithgow49@gmail.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 メルマガ解除ご希望の方はこちら】
http://free.sublimemail.jp/unregist.php?id=320

記事履歴

メールマガジン登録: