Sublime Mail

ニュース・情報源:2017-02-28

むらさんの輸出メルマガ

メールマガジン登録:

アマゾンから購入証明を求められた場合 【むらさんの輸出メルマガ】

こんばんは、むらさん@輸出班長です。

今日もメールをみてくれて、ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ このメールは、アマゾン輸出実践のむらさん@輸出班長がお送りするメルマガです。
輸出を中心にした物販や関連の情報を、お伝えしています。

このメルマガは無料レポートをご覧頂いた方や、ブログから登録された方にお届けしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★  むらさんの自己紹介はこちら
http://hglblog.net/2016/09/17/profile/

  メルマガバックナンバーはこちら
http://free.sublimemail.jp/back_number.php?id=320
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ おいしい仕入れ情報ザクザクです。知らなかった・・・
  これ知らなかったとかもったいないって思いました。

http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=3726&issuer_id=1314

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★ アマゾンから購入証明を求められた場合


取扱商品が、Inactive(出品停止)になることがありますよね

こういう場合、InventoryからEditすることで、出品停止の理由が分かることがあります。
カテゴリやブランド、ASINの販売許可が必要な場合がそうです。
それ以外では、購入者などからのクレームや偽物疑惑も多いようです。

出品停止の理由を、アマゾンに聞き、どうしたら再出品できるかを聞くと
その多くでは購入証明(Invoice)を出すように指示されることがあります。


今日は自分が使った購入証明の方法を一例としてご紹介しますね


購入証明の発行元ですが



日本アマゾンです!




では購入証明の発行手順です。

USアマゾンは日本語の資料を嫌がります、当たり前ですがw
なので、英語で出力します。

具体的な手順ですが、まず下の画像を見てください

http://yushutuyarou.xsrv.jp/pic/eng_invoice.jpg

画像の上の赤丸部分、まず言語設定を英語に変えます。
そして下の赤丸部分、領収書/購入証明書から発行します。


これで英語の購入証明がgetできました
めっちゃかんたんですよね!!
この資料で、自分は「購入証明を出せ」をクリアできました。


仕入先はいろいろなわけですが、ぜひ参考にしてくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは次回のメルマガでお会いしましょう!

むらさんでした^^


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ むらさんの輸出メルマガ

┃ 【発行責任者】 村西智宏

┃ 【ブログ】
┃  http://hglblog.net/

┃ 【メルマガバックナンバー】
┃ http://free.sublimemail.jp/back_number.php?id=320

┃ 【ご感想、ご意見、ご質問は、こちらまで】
┃ linlithgow49@gmail.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 メルマガ解除ご希望の方はこちら】
http://free.sublimemail.jp/unregist.php?id=320

記事履歴

メールマガジン登録: